真珠腫性中耳炎の手術後のめまい

Pocket

真珠腫性中耳炎の手術をすることで
『治る 😀 』と思っていためまい。
めまい止めの薬も飲まなくいい!と・・・

でも術後、2日目朝からクラクラ💫
その日の診察時に先生にお話ししましたが
「ん~そんなはずはないけどね~」

 

スポンサードリンク

 

実は手術の前から「めまいがあると言うけれど、
耳の中でめまいが起こるところには問題ないんだけどね…」と
言われていました。
でも私には『このめまいは耳から』としか
考えられませんでした。
手術の10日ほど前には脳のMRIを撮り
脳には問題ありませんでした。

ですから、素人考えではありますが
真珠腫性中耳炎の病巣自体は
めまいに関わっていなくても
耳が悪いからめまいが起きていて
真珠腫性中耳炎の手術をすればよくなる!と
勝手に思っていたのです。

なので手術の翌々日の朝、めまいがあった時は
かなりショックでした 😥
最悪なことに手術前よりひどい感じです。

23日手術。
25日めまい再発。
26日退院。

めまいがあるという事実は
退院には何ら影響なし。。。

退院後はほとんど寝ていましたが
4日目くらいからは起き上れるように。
だいぶ楽になってきました。

ネットでめまいのことを調べてみると
原因不明のめまいが非常に多いとのこと。
また、4~5人に一人は悩みを抱えているという、
国民病の一つともいえるそです。
私もそれなのかな・・・ 😥

そこで自分のめまいを分析。

 

スポンサードリンク

術後のめまいと術前のめまいとは少し違う感じ。

手術前は寝ているときに頭を動かすと
強烈なめまいがあったけどそれはなし。

平衡感覚がないような、
常時、ふらふらする感じで
壁などにぶつかりそうになるのは同じ。
めまいで気持ち悪いとかはない。
いきなりクラッというのもなし。
近場限定だけど以前同様、運転もできる。

そして、私には『杖』がある。

考えているうちに
別に大問題じゃないかも・・・と思えてきました。

更にネット情報に基づき「めまい体操」を始めました。
2週間後から仕事なので体力強化のため
ウォーキングも開始。
気候的にもなかなか気持ちがいいものでした 😳

そして先日、仕事開始。
めまいは相変わらずですが
気長に付き合っていこうと思っております 🙂

うれしいことが1つ
めまい体操に「片足立ち」があるのですが
毎日続けていたら
脳梗塞後遺症で手離しでは5秒と持たなかった
片足立ちが10秒できるようになりました。

いいこともあるんだな 😳
仕事が始まり公園ウォーキングができないので
通勤のバスを1本早め、停留所1個分歩こうと思います!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

Pocket