セアカゴケグモと似ている他の生き物

Pocket

トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!
&世界の超S級危険生物合体4時間SP でも放送された
セアカゴケグモ

昨年8月に東京・三鷹市の住宅街で
特定外来生物で毒性の強いセアカゴケグモ
十数匹が見つかり
周辺の公園でも10数匹が確認され、駆除を行った。
なお都内で発見されたのは初めてでした。

万が一噛まれてしまった時の症状、処置についてと
セアカゴケグモの生息しそうな場所や巣の駆除方法はコチラ
セアカゴケグモ駆除方法と咬まれた時の対処法

セアカゴケグモの生態についてはコチラ
セアカゴケグモの生態について

セアカゴケグモってどんなクモかまず知っておこう。

セアカゴケグモ メスと卵のう

毒を持つメスの成体は体長約0.7から1㎝。
全体が光沢のある黒色で、
腹部と背面に赤色の帯状の模様があるよ!!

十分に注意してね。

 

ここではセアカゴケグモとよく「似ている」と言われてる
クモたちを画像付きで集めました!
参考にして下さい 😛

スポンサードリンク

 

ジョロウグモ

コレ似てないだろ~~~と思ったのだけど・・・。
背面に赤い模様があり、見間違われることが多いけど
大きさ、体の模様、巣の張り方が異なるのが特徴。

 

ヨコヅナサシガメ

よく似ている!
似てるけどこれ、セアカゴケグモじゃないです。
なんとこいつはカメムシです。

 

タカラダニ

日本で5月頃から庭や家壁などに
見られるようになる真っ赤なタカラダニ類は、
一見微小なクモにも見えるため、
セアカゴケグモ子供に間違われることもあるが、
セアカゴケグモの幼体は淡褐色で全く異なる。
なお、タカラダニ類は人体に無害な生き物である。

お~。あるある!この赤い生物見たことある!

 

オオヒメグモ
マダラヒメグモ

セアカゴケグモのオスと似ているけれど
腹面に赤い模様があるかどうかで判別できる。

 

元々は日本には生息していなかったセアカゴケグモ

原産地のオーストラリアでは
極めて一般的に見られるメジャーなクモの一種だそう。

日本で最初に発見されたのは1995年に大阪府高石市。
現時点ではセアカゴケグモは38都道府県にて
存在が確認されているそうです(>_<)

セアカゴケグモは日本の気候に適応してしまい、
越冬、繁殖に成功して生息域を広げているのが現状。
県や市が特定危険外来種として積極的に駆除に当たっているけれど
ここまで繁殖すると日本国内のセアカゴケグモを
一匹残らず絶滅させるのは不可能だろうなあ・・・と思うのであります。

 

万が一噛まれてしまった時の症状、処置についてと
セアカゴケグモの生息しそうな場所や巣の駆除方法はコチラ
セアカゴケグモ駆除方法と咬まれた時の対処法

セアカゴケグモの生態についてはコチラ
セアカゴケグモの生態について

スポンサードリンク

関連記事

    None Found

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください