野良猫 のノミダニは人にもうつる?駆除と対策はコレ!

Pocket

今日もネコちゃんがやってきました。
この3匹は、もう日課です。
ほぼ決まった時間にきます。
特に一番慣れてるさびちゃんは
朝、昼、夕方、夜。時々夜中。このパターンです。

 

私のお気に入りはさびちゃん。

最近はよく鳴きます。声がちょっとか細い感じでかわいい~~ 😳
娘にはとても甘えてスリスリしてます。

 

主人のお気に入りはシロちゃん

お部屋にいるように見えますがこれは窓に写ったカーペットで、
実際のシロちゃんはお外です。
娘以外の人間が近づくと、ひとまず逃げます。

 

娘のお気に入りは全部でさびちゃん、シロちゃん、シャーちゃん。

このシャーちゃんの足がかわいい 😳
なぜ、きちんと揃えてここにのっける・・・?って感じで。
相変わらず目が合えば、まずは「シャー」と威嚇。
サッと逃げるようなことはなくなりました。

このうち、さびちゃんとシャーちゃんは飼い猫なのかなと思っていたのですが
いまいちよくわかりません。
エサ、すごい勢いで食べるし・・・。
さびちゃんはしっぽの骨が折れてるみたいでいつもダラ~ン状態。
また、目は白内障のようです。
多分、ケンカやケガでそうなったのだろうと思います。
シャーちゃんは威嚇がハンパないし・・・。
去勢手術はしてあるので飼い猫だと思う反面
もしかしたら捨てられたネコなのかな、、、とも思うのです。

 

スポンサードリンク

 

そのさびちゃん、先日は一時間ほどお昼寝してました。
むくっと起き上がり、大きくノビをして
いつものようにどこかへと消えていきました。
娘がカーペットをコロコロで掃除していたら
ノミらしきものを発見!!!
コロコロにくっつかない、飛ぶ、カーペットの隙間に埋もれる・・・。
ちょっとした騒動でした。その1匹は何とか捕獲したのですが
1匹だけなんてことはないと思うです… 😥

ノミについて少し調べてみましたらとんでもないことことが 😯

ネコにつくノミは
ほとんどが「ネコノミ」といわれる体長2~3mmの大きさのノミです。
湿度75~85%程度、気温18~27℃がノミ繁殖の絶好の環境らしく、
猫の体表に産卵して増殖します。
ノミ成虫1匹につき、1日4~20個ほどの卵を産みます。
早ければ、卵は2日で幼虫になり、どんどん繁殖します。
一生で200~500個も卵を産む生き物で
通常は2週間ほどで卵から成虫になるようです。
注意点の1つに「ノミはつぶさない」があります。
つぶすとノミの体内の卵が飛び散り、
ノミを撒き散らしてしまうことになるからです。
取ったノミはつぶさずに水につけておくと、水の中で溺死します。

ネコの体にいるのはノミの成虫で
産卵後の卵はネコから離れます。
室内であればカーペット、家具の隙間、部屋の隅など、
適度に暖かく湿気があるところで育ちます。
草むらなどでは、春から夏にかけて繁殖しやすいようです。

ネコノミは人には寄生はしませんが、吸血し、とっても痒いとか・・・
ノミはジャンプ力があるので吸血被害は膝から下に集中します。
ネコちゃんとと一緒に寝る人は、お腹など柔らかいところに
点々と吸血被害にあう場合もあります。
ノミは、伝い歩いて何箇所も刺すようなので、
刺された跡が一本のラインのようになるのも特徴のようです。

カーペットに1匹の成虫がいたってことは・・・・・・ 👿
いまのところ、家族のだれも刺されていません。
成虫になっていないだけなのか、もういないのか・・・
これ以上はあまり考えないようにします。

しかし、さびちゃんが部屋に入ってくる以上
ノミを野放しにもできません。
今回、行った対策は・・・

 

スポンサードリンク

 

フロントラインプラスというネコ用の
ノミとり薬の投与を行いました。

フロントラインプラス猫用 1箱6本入【動物用医薬品】

効能又は効果
・ノミ、マダニおよびハジラミの駆除
・ノミ卵の孵化阻害およびノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防

使い方は

早速、娘が注入。エサを爆食いしてる時を狙ったのですが、
やはり毛をかき分けるとき、イヤがったため
私が軽く押さえてました。
1か月に1回、投与すればよいようです。
首の上・・・正確には「肩甲骨の間」に投与するのですが
なぜこの場所かというと
ここはネコがどんなにがんばっても
舐める事ができない場所だからだそうです。

ノミ駆除に一番効果が高いと言われているのがこのフロントライン。
ノミ寄生も予防するようです。

今日もさびちゃん、ウロウロと遊んで行きましたけど・・・
お薬が早く効いて欲しいものです。

シャーちゃんもシロちゃんもいるんだろうなあ、ノミ。
この2匹には薬の投与はまだできる段階ではありません。
シャーちゃんは目が合っただけでシャーと威嚇するし
シロちゃんは目が合っただけで逃げるし。
早く慣れてほしいものです 😕

ノミの問題はありますが
娘のおかげで楽しみが1つ増えました。
毎日やってくるネコちゃんたちに癒されます 😳
鼻水出してたり、くしゃみしたり。
マグロ系が好きな子もいればかつおが好きな子も。
なぜか、いりこの頭だけをきちんと残すネコたち。

このネコちゃんたちも一生懸命生きてるんだなあと
しみじみと思うのです。
できる事はほんの少しだけど
かわいそうなだけの命にはしたくないと思います。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

 

Pocket

決まった時間に訪れ、じっと見てくる野良猫。餌やりマナーを守り、慣らし中

Pocket

雪で大変な地域もあるようですが
九州は良いお天気が続くそうです。
昨年、熊本でも大雪が降り通勤が大変でした…。
でも1日だけでしたので幸いでした。
早くお天気が安定するといいですね。

娘は大のネコ好きです。
前世は猫だったんじゃ?と思うくらいです。
(が、人間は人間にしか生まれ変わらないらしいです)

私は動物はあまり好きではではありません(でした)
それが娘に影響され・・・ 😆

近くに野菜の無人販売所があるのですが、
そこにはネコちゃんがたっくさん!
それを知った娘が「ネコ見せてください」的な感じで通い始め、
早5ヶ月ほどでしょうか。

10匹くらいいるらしく、ワンちゃんも2匹います。
脳梗塞になる前、車でよく通っていた道ですが
ぞんなにネコがいるなんて気付きませんでした。
関心がなかったからでしょうね・・・。

10匹のネコは捨て猫や拾ってきた猫だそうです。
ちゃんと避妊・去勢の手術もして、
これ以上、野良猫が増えないようにされてます。

 

スポンサードリンク

 

このおうちの猫ではない猫が3匹、
和が家に、よく来るようになりました。
姿を見せるようになったのは半年ほど前からです。
初めは3匹とも野良猫と思ってたのですが、
2匹はどうもご近所サンの飼い猫のようです。

3匹とも少し離れた所からじっと見てくるんですよ・・・ 🙁
初めのころは近づくと逃げてましたが
娘が話しかけたりするうち・・・
それぞれほぼ決まった時間にやってきます。
来ない日は「どうしたかなあ」と心配したり。

 

3匹中1匹だけですが、今やこんな感じに。

ここまで来るとかわいいという言葉しかありません 😳
お昼寝終わり出て行ったあとは
娘がコロコロで念入りにお掃除をするのですが
最近はその直後の再訪問がよくあるパターンです 😉

 

別の1匹はだめです・・・
ものすごく警戒心が強く、目が合うと、
スゴイ形相で「シャー」と威嚇してきます。
ただこのネコ、10か月ほど前にも庭に来たそうです。
まだ子猫で・・・こんなに可愛いつぶらな瞳だった子猫ちゃんが(左)

今(右)では、こんな怖い目つきに・・・。
飼い猫らしいですが、警戒心ハンパないです 🙁

 

3匹目は白猫です。
ディズニーのマリーちゃんのような猫です。
この子は間違いなく野良猫です。
多分、捨てられたのだと思います 😥
初め見たころは真っ白だったけど今や、薄汚れてます。

このネコも警戒心が強く、ビクビクしてます。
ただ最近はよくテラスにお座りしてます。
だいぶ慣れてきたようです。

 

ちなみに
すっかり慣れたネコちゃんは「さびちゃん」
→ さび柄のため

慣れないネコは「シャー」
→ 「シャー」というから

白猫は「シロちゃん」

と呼んでいます。

 

スポンサードリンク

 

3匹とも、ほぼ毎日やってくるのですが
ずっといることはなく、しばらくするといなくなります。
部屋に上がってくるさびちゃんも、1時間もすると外に出たがり
窓を開けるといつの間にか消えてます。
さびちゃん、シャーちゃんはおうちに帰ってるみたいです。
シロちゃんはこんなに寒いのに一体どこで寝てるのか心配・・・ 😥
エサをやり始めた以上、家ネコにしてもいいのですが、
まだシロちゃんにその気はないようです。
さびちゃん、シャーちゃんは飼い猫ですし
さびちゃんは耳カットもしてあります。
シャーちゃんは耳カットはないのですが、
全く発情する様子がないため多分避妊・去勢手術済みと思います。
シロちゃんは発情期、真っ最中ですので手術はまだです。

娘の目的は単に野良猫にお腹いっぱい食べさせることではなく、
最終的には地域の野良猫に不妊手術を受けさせ(TNRと言うそうです)、
これ以上可哀想な命を増やさないようにすることだそうです。
その為に、警戒心の強い野良猫を少しずつ人(自分)に
慣れさせることから始めているようです。

私はもともと動物が好きではない事もあり
野良猫に、むやみにエサをやるのは否定的な考えですが
我が家の庭に食べに来る分は許容します。
ただ、たとえ我が家であろうとエサをやり始めた以上、責任もついてきます。
ノミダニの駆除、去勢手術、糞尿の始末など・・・。
そのためにもまず慣れさせなければ、です。
娘は、シロちゃんに優しくお話ししながらエサを上げてます。
早く慣れてくれたらいいのですが・・・

熊本にはボランティアで野良猫を対象とした、
避妊・去勢の手術を無料でしてくれる動物病院があります。
他県からも来る人(+ネコ)もいるらしく、わりと有名みたいです。
今月も末ごろにかけて開催されます。
シロちゃんが全くさわれる状態ではないので
保護団体から捕獲器を借りてくる予定です。
ただ、これが引き金になり、
更なる人間不信にならなければいいのですが・・・

今までは、動物に関心がなく、何も知りませんでしたが
人間の身勝手さで可哀想な状態になってしまう動物が
あまりにも多いようです。

私は脳梗塞になり「命」というものを、
改めて感じる事があります。
歌手の西城秀樹さんは、2度の脳梗塞から再起されて
活動を再開されていますが
TVを見て、後遺症は結構、重そうだな感じました。
言葉障害があり、手足のマヒがありながらも
一生懸命歌われてる姿には感動し、勇気をもらいました。

西城秀樹さんは公園の鳩に「元気で生きてるかい?」と思ったり
「がんばって生きてるんだなあ」と虫も殺せなくなったそうです。
私は・・・虫は殺してしまうことがありますが 😥
鳩の命も、ネコの命も、そして虫の命も人間の命と同じように
大切な大切な命ですよね・・・。

 

スポンサードリンク

 

Pocket