半年で10キロのダイエットに成功できたきっかけ

Pocket

今年の4月ごろから心の底から意識し、ダイエット開始。
10月初めには10キロのダイエットができました!!! 😳

それまでもやる気や気合は十分あったのですが
何かが足りていませんでした。
何年も前から「ダイエット、ダイエット」と
いいながらできなかったものが
半年で10キロ減に成功できたのには理由があります。

大きなきっかけは昨年の秋、
姉が大動脈解離で救急搬送されたこと。
幸い1ヵ月弱の入院で事無きを済みました。

ただ10年前に他界した父も
大動脈瘤が心臓の近くにできていました。
そもそもガンで入院後、検査により発見されたものです。
大動脈瘤を手術しないと抗ガン剤の治療等が危険ということで
手術を行い、その手術自体はうまくいったのですが
それ以来、体力が激減したように思います。
ガンと診断され4か月余りでお別れでした。

そして私自身にも未破裂の脳動脈瘤があります。
家系的にかなり血管ヤバイのでは・・・と不安になりました。

 

スポンサードリンク

 

もう一つの理由は血圧。
今年に入ったころから
夜になると血圧が上がることが
頻繁にありました。
上が150~160、下が100~110。
驚くほど高くはないのですが
頭に脳動脈瘤という爆弾を抱えているので
とても不安になります。

そこでまず血圧を正常にすることを考えネット検索。
食事療法などいろいろ情報はあふれていますが
私の場合、まずは体重管理。

体重管理と同時進行でサプリメントもかなり購入。

  • EPA・DHAのサプリ
  • 納豆菌のサプリ
  • 血糖値を上げないためのサプリ
  • 青汁サプリ
  • 梅エキス
  • 玉ねぎサプリ

気が付くと支払は毎月1万円以上。
サプリメントは飲み続けなければ・・・効果はありません。
1年で12枚万円以上 😯
ちょっと続ける気が一気にダウン。
かかりつけの病院に相談すると
「はい、サプリメントは全部やめましょうね。
必要ならそれに合ったお薬出しますから」
ということで、現在の大きな問題である
「中性脂肪を下げる」お薬を処方されました。

また夜に血圧が上がるという話をしたら
夜にも1錠飲むようにしましょう 😥 と。
幸い、夏頃から夜に上がることはなくなり
先生と相談の上、今は夜の血圧の薬は飲んでいません。
今のところ大丈夫ですが、どんどん寒くなる今後が心配です。

とにかく血圧を安定させること
血管を強くすること、
そのためにはまずやせること!を目標にしました。

 

スポンサードリンク

 

家系的な血管の弱さを
姉の大動脈解離をきっかけに改めて思い知り、
まずは体重管理をしなければと。

あと15キロは落としたいところですが
まずは10キロ減を目標にしています。
自分への戒めのためにも、恥ずかしながら
今後は時々、体重もアップしていきたいと思います。

半月ほど仕事を休み、家にいたせいもあり、
今、停滞期に入っております。
順調だった分、余計にヤケ気味になるのですが
健康志向はもちのろんですが
大きいサイズコーナーでしか洋服を選べない自分と
決別したいのでがんばります!!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

 

Pocket

真珠腫性中耳炎の手術とダイエット10キロ減成功

Pocket

かなり、とっても、久し振りの投稿です。

脳梗塞から自宅療養を経て復職。
復職は2017年5月でしたので
1年半ほどが経過しております。
不慣れな事務仕事も慣れました。
職場環境もよく毎日楽しく働くことができています。

大きな変化といいますと
今年、2018年4月ごろから(またまた)ダイエット決意!!
なんと!現在ちょうど10キロほど痩せることができました。
が……10キロって相当なはずなのにどこがやせたか
見た目、全然わかりません 😐

でも、間違いなく10キロ減りました!!
目指すはあと-10キロです。

実は先月「真珠腫性中耳炎」の手術をしまして
20日間ほど休んでおり食べ放題状態です 🙁
今のところ増えておりませんが恐怖です。

さてどのようにして10キロ減できたかと申しますと・・・。

 

スポンサードリンク

 

潜在意識ダイエットと糖質制限です。
潜在意識ダイエットについてはこちらをご覧ください。
【潜在意識ダイエット】体験開始。方法や効果をまとめました

潜在意識ダイエット記事はいくつかありますので
興味のある方はぜひ読んでください 😉

洗剤意識について私が特に意識したのは

  • ダイエットに成功した理想の自分を
    繰り返し、繰り返しイメージすること。
  • ダイエット成功後のメリットを意識すること。
  • 痩せていたころの自分の写真を、鏡などに貼っておく。
  • アファメーションを行う。

この4点です。

糖質制限についてはかなりユルイ感じです。

朝は軽くごはん一膳食べてました。

昼はごはん少なめのおかずたっぷり自家製お弁当
恐ろしいことに食後のデザートと称して
かなりのおやつ(スナック菓子、おせんべい類など)

夜はできるだけ食べない。
青汁・豆乳・黒酢 をシェイクして
とろみがつくのでそれを飲んでいました。
空腹時に飲むと空腹感が収まります。
たまにどうしても食べたいおかずをつまんだり、
納豆のみ食べたりしていました。

なお、友人とのランチやディナーなどのときは
デザートまでしっかり食べておりましたです…。

私は不思議なのです。
こんな生活でよく半年で10キロもやせられたな…と。

でも事実です!!

ユルイながらも夕食を極力抜いたのが
効果的だったのかなと思います。
また、休職中の1年間で一気に10キロ太ったので
その10キロは比較的簡単に落ちたのかもしれません。
でも私が一番に感じるのは
潜在意識への働きかけ だと思うのです 😳 

ひたすらひたすら唱えていましたし、
いつもやせた自分を考えていました。
信じる者は救われるデス!!

今は耳手術後の自宅療養中のため食べ放題の毎日がですが
今のところ、体重は増えておりません。
が、時間の問題だと確信しております。
幸い、あと2日で復職。
今はつい夕食も食べてしまうのですが
また更なる10キロ減目指してがんばります。

 

スポンサードリンク

 

前回更新から1年半です。
若干いろいろありまして
このままではいかん!!と
ダイエットを本格的に行ったきっかけなどを
これから書き留めていきたいと思います。

また先月の「真珠腫性中耳炎」の手術については
なんと1年後、再手術です 😯
再手術前提の今回の手術という説明を
手術前日に説明されました。
こんな部分も含めて「どうかなあ」と
いろいろ思うところもあり・・・。
また真珠腫性中耳炎については経験談的な情報が
少ないと感じたので今後アップしていく予定です。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

Pocket

脳梗塞再発防止と脳動脈瘤と潜在意識ダイエット失敗中について

Pocket

今日は脳梗塞発症後1年経過後のMRI撮影の日でした。
発症時から7回目のMRIです。
頭部のMRI撮影には約30分ほどかかります。
閉所と大騒音との戦いなのですが

今回は
お守りの言霊
「天之御中主様お助けて頂きましてありがとうございます」
ホ・オポノポノ
「ごめんなさい、許して下さい、ありがとうございます、愛してます」
天国言葉
「愛してます、ツイてる、うれしい、楽しい、
感謝してます、しあわせ、ありがとう、ゆるします」
そして潜在意識ダイエットのアファメーション
ずっと唱えてました。

今までのMRIとは違い
「うるさいなー」とか「あとどれくらいかなー」など考えることもなく
自然と終わった。という感じでした 😳

 

スポンサードリンク

 

実は脳梗塞発症時のMRIで脳動脈瘤が見つかっており
それの経過も兼ねての検査でしたが
脳動脈瘤は大きさに変化なし、
脳梗塞の解離部分も異常なしでした。

脳動脈瘤は最初聞いた時は驚きましたが
比較的、動脈瘤ができやすい部分であること、
大きくさえならなければ手術は必ずしも必要ではないこと、
半年に1回ほどMRIを撮りながら経過観察をしていく。
という説明でした。

今日のお話では、動脈瘤が大きくならないため、と
脳梗塞の再発防止のためには
血圧が高くならない事が必須条件と言われました。
降圧剤を飲んでいるので今のところ血圧は安定してます。
ですが薬に頼るだけではなく
まずはダイエットです・・・。
ナント!退院後、8キロ太ってしまいました 😯

昨年7月半ばに退院以来、自宅療養中ですが
「なんかないかな?」と食物を物色するクセと言いますか
習慣と言いますか・・・

明らかに、確実に太ってきたことを自覚していた私は
しばらくはコワくて体重計に乗れませんでした。
しかし。潜在意識ダイエットをしよう!と決心し
乗ってみた結果・・・
ま、まさか8キロも増量していたなんて 。
そして、その8割くらいが腹部にきております 😥

ココまでくるとやはりキツイです 🙁
脳梗塞の後遺症で身体の場所によっては
動かしずらいところもあるのですが
どうやら後遺症のせいだけではなさそうです(>_<)

 

スポンサードリンク

 

昨年年末に、潜在意識ダイエットをしよう!と決心したものの
なかなかうまくいかず 😥
更に潜在意識ダイエットについて学んでみました。

潜在意識ダイエットについての記事も読んでみてください
潜在意識ダイエット成功のカギは爬虫類脳のホメオスタシス?

理屈では理解できても・・・ 😥
開始宣言から2カ月が経過してしまいました。
うまくいけば来月4月には職場復帰予定です。
このままじゃあ、大変なことになります。
なにがって、制服が入らないからです!!

ヘビさん脳のホメオスタシスに負けないこと。
動物さんの脳をうまく使うこと。
そして、痩せるための新しい習慣 を作ること。

アファメーションも継続して行いますが
とにかく食べる量を減らすこと。
これしかありません。
この継続が痩せるための新しい習慣を作るわけですから。

 

私は「身体にいいモノ」に興味を持ちやすいタイプです。
ごぼう茶、黒豆茶、びわ茶、ココナッツオイル、ヨーグルト、青汁
チアシード、オリーブオイル、えごま油、酢・・・・・・・・・・・。
かなりのことを体験しております
(たくさんのことを試したけど、短期間という残念な曰くつき)

娘と姉に言われます。
「体にいいことをいろいろ模索するけど、
一番身体にいいことは痩せることよと。
ハイ。おっしゃる通りです 😥

巨大化したこの身体。たいへん重いです・・・。
お腹、めっちゃジャマです。つっかえてます・・・。
姉に作ってもらったブレスレットがくい込み過ぎで石を増量してもらいました・・・。
今日のMRIの時、用意された服がピチピチでした・・・。
潜在意識ダイエットってスゴイんだよ!って書きたいです・・・。

いろんな事が悲しいです。
しかし、この泣き言、ポノちゃんに筒抜けです。
※ポノちゃん・・・自分の潜在意識のことをこう呼んでおります 😉

明日から性根を入れ替えてダイエットに取り組みます!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

 

Pocket

ホメオスタシス対策をして潜在意識ダイエットを成功しよう!

Pocket

今回は、潜在意識ダイエットを成功させるための最終章です。

通常、爬虫類脳より力の弱い動物脳が
爬虫類脳に匹敵する権限を持つ、ある状態とはどのような時か、
またどのようにして爬虫類脳をコントロールするのか、
つまり「ホメオスタシス 対策」について書いていきます。

前回記事でも触れましたが
人間の脳は三層構造で成り立っています。

第1層 爬虫類脳(本能)「生きるための脳」
第2層 動物の脳(感情)「感じるための脳」
第3層 人間の脳(理性)「思考する脳」

これらの脳の権限の強さは 爬虫類脳 > 動物脳 > 人間脳 です。

爬虫類脳は脳の中で非常に強い権限を持っています。
人間脳で爬虫類脳をコントロールしようとしても難しいのです。

前回記事 【潜在意識ダイエット】ホメオスタシスと3つの脳の役割

でも、通常は爬虫類脳より力の弱い動物脳
ある状態になった時に爬虫類脳に匹敵する権限を持つのです。
動物脳が爬虫類脳に匹敵する権限を持つのは
「快の感情を意識的に出している時」です。

ではどのようにしたら、
「快」の感情を意識的に出せるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

快の感情を出すためには?

ダイエットに成功した理想の自分を
繰り返し、繰り返しイメージすることです。
そしてこのイメージが理想に近づけば近づくほど
ダイエットをしていく上でモチベーションの向上につながります。

イメージする方法は

  • ダイエット成功後のメリットを意識すること。
  • アファメーションを行う。
  • 痩せていたころの自分の写真を、鏡などに貼っておく。

など、考えられるあらゆる方法を駆使してイメージするのが効果的です。

繰り返し、繰り返しイメージし続けることで、
やがてそれは「ダイエットに成功した」という確信になります。

 

確信になると・・・

「すでに私はダイエットに成功した」という行動になります。
「健康的に痩せているのが私の普通の状態」になります。

「ダイエットに成功した自分」を考えているだけでワクワクしてきます。
この「ワクワク感」こそが最大のポイントなのです。
逆にワクワクできない限り、潜在意識ダイエットは成功しません。
なぜかというと、
この「ワクワク感」が、動物脳が力を発揮する、「快」の感情だからです。

繰り返し繰り返しイメージするとそれはやがて確信になり、
「ダイエットに成功した」という行動になります。
「ダイエットに成功した」自分を考えるだけでワクワクしてきます。
そして「ワクワク感」によってもたらされた「快」の感情が
動物脳の力を発揮する事になり
爬虫類脳をコントロールできるのです。

ただ、現実では、この時点ではダイエットには成功していません。
実際に成功するまであと1歩です!

 

新しい習慣の誕生

動物脳が力を発揮し、爬虫類脳をコントロールすると
新しい習慣=痩せるための習慣 が生まれます。

痩せるための習慣が生まれると
体は勝手にダイエットに成功した理想の自分に向けて動き出し
さらに、痩せている状態を維持しようとするのです。

つまり
食事制限は「制限」ではなく、
理想の体重を維持する分しか食べなくなります。

運動はきついものだという認識はなくなり、
痩せた体重を維持するために適度に行うようになります。

こうして潜在意識ダイエットは成功するのです 😛

 

スポンサードリンク

 

重要な注意点

「本当に痩せられるのかな」などの懐疑心や不安を持たない事です。
そんな不安を持っていては「快の感情」は得られないからです。
また、「ダイエットをしなくちゃ・・・」という
否定的な思考で行動をしても「快の感情」は得られません。

このように潜在意識ダイエットを成功させるためには
動物脳を利用し、爬虫類脳をコントロールして
「脳を味方にする」ことで叶いやすくなります。

ここまで理解するとダイエットが成功できそうな気がしてきました 😉

更に「今までの習慣」=「太っている私」
ホ・オポノポノでクリーニング し
「太っていない」という思考にすると
ホメオスタシス にも効果的と思いますので
同時に行なっていこうと思います。

潜在意識を活用する際のポイント = 脳のだまし、味方にする。

ポイント① 願望が叶った自分を繰り返し繰り返しイメージすること。
ポイント② 願望が叶った状態を考えてワクワクすること。
ポイント③ 懐疑心や不安感は持たず、否定的な思考で行動しないこと。

これらのことは潜在意識ダイエットに限らず、
引き寄せなどについても同じですね。
そして、斎藤一人さんが言われていることと同じことばかりです。

脳の仕組みを理解することで
潜在意識を換えることがより具体的になった感じがします。

今日も読んで頂きましてありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

Pocket

【潜在意識ダイエット】痩せる習慣になるまで脳をだます!

Pocket

いろんなダイエット方法の失敗理由は
「現状を維持させたい爬虫類脳(ホメオスタシス)を制御できないため」でした。
でも、その爬虫類脳をコントロールすることが可能なものがあるようですし
ダイエット成功目指してがんばりたいと思います 😛
前回記事 【潜在意識ダイエット】ホメオスタシスと3つの脳の役割

 

今回は 今までの習慣を換える ということについてです。
まず「なぜ、太るか」ということを大変、簡潔にご説明します。

消費カロリーと摂取カロリー

消費カロリー・・・身体がエネルギーとして使ったカロリー
摂取カロリー・・・食べた物のカロリー

太るという現象は、摂取が消費を上回っているからで
消費が摂取を上回っていれば、太るということはありません。
つまり、ているというのは、簡単に言うと
単なる食べ過ぎということになるのです 😥

改めて言うまでもなく、まさにその通りなのですが
こうして文にすると、結構、響きますね・・・  😥

この「単なる食べ過ぎ」状態は、もう習慣となっております。
ダイエットを成功させるためには
「痩せるための習慣」を持たなければなりません。
ですが、私の今の体型は「私の今までの習慣」が作り上げています。
痩せるための習慣を持つには、
この今までの習慣を換えなければならないのです。

 

スポンサードリンク

 

習慣について

習慣が作られるまでの人間の行動には
意識的な行動 と 無意識的な行動の2種類があります。
この割合は圧倒的に、無意識的行動の方が多く、
無意識的にしていることが習慣になりやすいのです。

無意識に積み重ねられて習慣化したものを換えるには
意識的な行動を必要とします。
意識的にやることを継続した結果、新しい事が習慣化されるのです。

ただ、意識的に習慣を変えようとしても
恒常性維持機能(ホメオスタシス)= 爬虫類脳 が働きます。
「いつもどおり」を維持しようとがんばりますので
「新しいことをしよう」と、自分の頭(人間脳)では意識していても
元の自分に戻ってしまうのです。

ホメオスタシスについて詳細は
潜在意識ダイエットを妨害する爬虫類脳のホメオスタシスって?

「ダイエットをしたいけれど、どうしてもケーキに手が伸びてしまう」と
いうのは、人間脳ではわかっているけど、
爬虫類脳がイヤと言っているからやめられないのです。
ですから潜在意識ダイエットを成功させるためには
この爬虫類脳を制御しなければならないのです

今までの習慣を換え、意識的に新しい習慣を作るためには
爬虫類脳を制御しなければなりません。
そのためには、まず、明確な理由や目的が必要です。
そして新しい習慣ができあがったときの
自分の姿をはっきりとイメージできていなければ成功しません。
この仕組みを潜在意識ダイエットに置き換えますと・・・。

 

スポンサードリンク

 

ダイエット成功のための新しい習慣を作るには

ダイエットをする理由と目的を明確にすること。
ダイエット成功後のイメージを作り上げること。
この2点がポイントになります。

特にこの、成功後のイメージを想像する、ということが
爬虫類脳のコントロールにかかわってきます。

成功後のイメージを想像することは
ダイエットをしていく上でのモチベーションの向上につながります。
そして重要なのは、
そのモチベーションを維持させなければならないということです。

モチベーションとは「やる気」や「意欲」を意味します。
「やる気」や「意欲」というのは「感情」です。
その感情を司る脳は爬虫類脳の上の層にある
「動物の脳」 の役割です。

冒頭に書きました、爬虫類脳をコントロールすることが可能なものとは
モチベーションの維持や感情、それを司る 「動物脳」  なのです。

 

動物脳が爬虫類脳をコントロールすることができる

まず、前回の記事でも触れましたが、
人間の脳は三層構造で成り立っています。

第1層 爬虫類脳(本能)「生きるための脳」
第2層 動物の脳(感情)「感じるための脳」
第3層 人間の脳(理性)「思考する脳」

脳の権限の強さは 爬虫類脳 > 動物脳 > 人間脳 です。

通常、爬虫類脳より力の弱い動物脳
ある状態になった時に爬虫類脳に匹敵する権限を持つのです。

長くなりましたね。
次回は、どのような状態になったら動物脳が
爬虫類脳をコントロールできるのかについて書きます。
次回も是非読んでください。

今日もお読みいただきましてありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

Pocket