「あるもの探し」でワクワク感!引き寄せにも効果的。

Pocket

「ない物探し」じゃなくて「ある物探し」をしてる。
ある日の姉のひとことです。
姉は「ある物探し」をするとスーと楽になるそうです。

また斎藤一人さんのお話しで
「望んじゃダメだよ。
例えば指が太いなあ、もう少し細い指がよかったな」など。
「望みは自分にとっては望みでも人から見たら不平不満でしかないんだよ」
というのがありました。

振り返ってみるとない物探しや望んでばかりです 😥
私は脳梗塞の後遺症があり
いろいろ不自由なこともあります。

「あ~あ。なんで脳梗塞になったんだろう」
大抵の「ない物探し」はここから始まります。

・脳梗塞にならなかったらなあ。
・休職してたから食べてばかりで益々太ったし。
・走れない。
・目の見え方が悪い。
・ヨタヨタフラフラする。
・運転が心配だから近くのスーパーにしか行けない。
・左半身が感覚ないのに痛い。
・足のむくみがヒドイ。

あげればキリがないくらい「できない事」ばかり考えがちです。
そしてこれは私にとっては
「病気でこうなってしまって・・・元に戻りたいんです」という「望み」ですが
客観的にみると一人さんが言われるように「不平不満」でしかありません 🙁

 

スポンサードリンク

 

倒れたころを思い出してみました。

  • しばらくは「ツバが飲めない」という苦労をしました。
    ツバが飲めないって本当にきついです。
    もちろん何も食べれません。
    口にできるのはとろみの付いたお水やゼリーくらいです。
  • 数カ月は車イスでした。立つことすらできませんでした。
  • 両目でモノを見ることができませんでした。
    常に片方の目に手を当ててしかきちんと見えなかったのです。
  • 数か月間は浮遊感がひどく、座るのにも背もたれがないと
    フラフラクラクラ、きつい感じでした。
  • 助手席ですら左側を見るとクラクラします。
    眼を動かす速度が遅いため左右を見るのに苦労するため
    車の運転はもうできないと思ってました。

そして今。

  • 何も食べれなかったのに今は「食べ過ぎる」と言う。
  • 自分の足で歩けるようのなったのに「走れない」と言う。
  • 基本的に両目で見ることができるようになったのに
    パソコンや細かい字を見る時だけ片目になることを
    眼の調子がどうのこうのと言う。
  • 座ってもつらかった浮遊感。
    今は杖があれば問題ないのにヨタヨタフラフラすると言う。
  • 一時はあきらめていた運転は2~3キロ地点なら
    運転できるようになったのに「近くしか行けない」と言う。

ほんの一例ですが
脳梗塞後、できなかったたくさんのことは
1年と少したった今、できることばかりです。
もちろん脳梗塞前はもっといろんな事ができていました。
そしてそれはできて当たり前のことでした。
でも当たり前と思っていたことは
決して当たり前ではありませんでした 😥
身をもって体験してるからこそ
できることに感謝する気持ちが
誰よりも分かるはずなのに見失っていました。

 

スポンサードリンク

 

どんなに後悔してもあの日、転んでしまったこと、
それが原因で脳梗塞になり、
後遺症が残ってしまったという事実はかわりません。
それならば今目の前にある「できること」に
目を向けたほうがいいですよね。

  • おいしいご飯を食べられることに感謝。
  • おやつを好き放題食べられることに感謝。
  • 両足で立つことができることに感謝。
  • 自分の足で歩けることに感謝。
  • 見えずらくても、生きていくのに不自由なく見える眼に感謝。
  • よたよたフラフラしても、立つことができることに感謝。
  • 杖さえあれば問題ないなら、何も問題ない!
  • 車の運転ができることに感謝。

復職した今、できるだろうか・・・と不安だったことは
ほぼできました 😛
ただ以前のように店頭に立つことはできませんし
両手で重い物を運ぶこともできません。
今日も仕事中に「病気になる前はなぁ~」と
ちょっと考えて落ち込んだのですが
よくよく考えてみるとできない事はほんの一部です。
後遺症がある以上、できない事は仕方ありません。
ありがたいことに会社がとても理解してくれています。
だからこそできることは
全力を尽くしてがんばろうと思えてきました 😉

ブログを書きながらの「ある物探し」
姉が「スーと楽になるよ」と言っていたのが
分かる気がしました。
私は楽になるというかワクワクしてくる感じです。

病気になったからとクヨクヨと考えると
どんどん落ち込んでいきます。
でも「あるもの探し」をしてみるとワクワクするのです。

そういえば・・・引き寄せではワクワク感ってとても大切でしたよね 😳

今日も読んで頂きましてありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

Pocket

天之御中主様のおかげで良いことが次々と起きています

Pocket

久し振りの更新です。
4月は夢中になれることがありそちらに没頭しておりました。
斎藤一人さンのお話を聞く機会は少なくなってましたが
「天之御中主様、お助けいただきましてありがとうございます」
1日100回を目標に唱えるようにしていました。
ホ・オポノポノ、天国言葉も継続中です。

ここ数カ月、環境が少しですが変わりました。
もちろん良い方向に 😳
それは一見、当たり前の日々ですが
悩んだり不安だったことがうまくいっているのです。
当たり前のだとは思えません。ただただ感謝です。

 

スポンサードリンク

 

まずは昨年12月に定年退職した主人の再就職。

主人は2月に再就職先が決まりました。
契約社員なので時給制ですが
条件は悪くなく、何といっても主人自身が「楽!」と。
最初の1か月ほどは研修で覚えることも多く大変そうでしたが
今までのように責任ある立場でもなく、
仕事にもずいぶん慣れ、いい感じです。

次に娘。
東京で夢に向かっていましたが
ガンバってガンバって精神的にも肉体的にも
いっぱいになってしまいました。
自分で納得して帰ってきたのが昨年2月。
翌月の3月に私が脳梗塞になり
それはそれは献身的にお世話してくれました。
娘自身はパニック障害と診断され心療内科に通院中ですが
とてもよい先生に恵まれ、安心しています。
パニック障害は発作が起きるととてもきついのですが
最近ではその発作とうまく付き合うという感じで向き合っています。

私のお世話もあるし、
発作がいつ起きるか分からないという不安もあり
家事手伝い組でしたが
その娘も4月からアルバイトを始めています。
デイサービスのケアセンターでおじいちゃんおばあちゃんの
お世話をしてるのですが
みんなに可愛がってもらい、頼りにされ、感謝され 😳
とても有意義に毎日をおくってます。

そして私は5月から仕事に復帰しました。
杖が必要なので店頭に立つことはできませんが
事務をさせてもらっています。
事務などやったこともないのですが
商品のことなど分かってますので、
ゼロからの出発ではありませんし
事務部門に通信販売業務や外商もあり
商品の準備なども行います。
座りぱなしではなく、手先をフルに使う包装などもあり
とてもいいリハビリにもなります。
何といってもメリハリのある生活リズムです。

会社の好意で1か月間は10時~16時の勤務時間です。
私は、復帰=通常勤務(9時~18時)と思っていましたので
「どうせなら最初から通常通り働いた方がいいんじゃ・・・」と
内心、思ったのですがとんでもなかったようです。
かなりヘトヘトになります
6日間働いたのですが5日目が最高にきつかったです
帰りはクタクタ。バス待つ間も居眠りしてました 🙄
でも6日目はそうでもなく
こうして少しずつ慣れていくのだろうと思います。
5時間勤務でヘトヘトなので
初めから8時間勤務なんて到底ムリだったでしょうね。
このように取り計らって頂いたことに感謝です。

感覚マヒはあっても手、指は動くので
包装は大丈夫だろうと思いつつも
スピード感や完成度などは不安でした。
目の異常があるのでのし紙を書いたり
伝票など小さい文字を書くのが不安でした。
両手で物を運んだりできるだろうか
さほど広くない事務所でつまずいたりしないだろうか・・・
いろいろ心配していましたが
20年以上やってきたことは身体が覚えている部分もあり
ほぼほぼ以前と変わらずできました。

会社がとても理解してくれていること
復帰できたこと
以前と同じように仕事ができること
全てに感謝です。

もちろん、できない事は確実にあります。
そのできない事をできることでカバーできるくらいに
完成度を高めていこうと思います。
復帰したばかりでこれから仕事量は増えるし
覚えることも多くなるでしょうが
スキルが増えることは何よりです。

 

スポンサードリンク

 

主人の再就職、娘のアルバイト、私の仕事復帰。
全てがうまくいってます。
「天之御中主様、お助けいただきましてありがとうございます」と
唱えずにいられません。
このようにいろんな事がうまくいくことを考えていると
天之御中主様のおかげだなあとしみじみ感じました。

そして久し振りに斎藤一人さんの
お話を聞いてみたくなりました。
以前に聞いたことがあるお話しなのですが
ホントにストンストンと心に響くお話しばかりです。
眠る寸前には
一人さんが天国言葉を唱えている動画がありますので
それを流しながら眠りについています。

明日もがんばります!!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

 

Pocket