セアカゴケグモの生態

Pocket

トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!
&世界の超S級危険生物合体4時間SP でも放送された
セアカゴケグモは熱帯から亜熱帯に分布し、
本来日本には生息しない蜘蛛ですが、
1995年に確認されてから
日本各地でその生息が報告されています。
侵入経路は不明ですが、
発見場所が港や空港であることから、
物流コンテナ等に付着し侵入した可能性が
高いと考えられます。

万が一噛まれてしまった時の症状、処置についてと
セアカゴケグモの生息しそうな場所や巣の駆除方法はコチラ
セアカゴケグモ駆除方法と咬まれた時の対処法

 

セアカゴケグモと似ているクモなどはコチラ
セアカゴケグモと似ている他の生き物

 

ここではセアカゴケグモの生態についてまとめました。

 

スポンサードリンク

巣を作り、繁殖する条件

・日当たりのいい暖かい場所
・巣を作る適当な隙間がある
・昆虫などの餌が豊富にある
・水はけが良く、乾いている所

 

メス 特徴、体長

成熟した雌(メス)の体長は約0.7~1cm。
体型は丸く、体表は鈍い光沢を帯びた黒色。
腹部背面にはひし形が2つ縦に並んだような赤い模様、
腹面には砂時計状の赤い模様が特徴
孵化から成体までに要する期間は約100日。寿命は2~3年

 

オス 特徴、体長

体長は約0.4~0.5cm。メスより小型で体型が細く、
褐色がかった地色に淡色の目立たない斑紋を持つ。
メスと異なり、胸腹部の背面に赤い模様は見られないが、
腹面にはメス同様に赤い模様を持つ。
ただし、幼体のうちはメスもオスも淡褐色の地に
不明瞭な縞模様をもつのみで、成体のような明確な違いは見られない。
孵化から成体までに要する期間は約45~90日。寿命は6~7か月

セアカゴケグモの食性

肉食。
アリ、ゴミムシ、ゴミムシダマシ、ワラジムシ、
ハサミムシ、コガネムシ、カメムシなどで、
特にアリやワラジムシが多い。

 

セアカゴケグモの毒性(雌のみ)

α-ラトロトキシンというタンパク質。
・神経全般に働き、伝達物質を枯渇してしまう作用がある。
・咬まれると多彩な運動症状、自律神経症状が出る。
・少量しか分泌していないので、即死はまず考えられない。
・有毒であるが、性格は大人しく攻撃性は低い。
・突いたり、つかんだりしなければ
向こうから攻撃してくることはない。

家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)で駆除することができる。
卵については、殺虫剤が効きづらいため潰すか焼却する必要がある。

 

セアカゴケグモの生態

・日本での生活は不明な点が多い。
・オーストラリアの資料では、成熟したメスは、25日~30日ごとに卵を産む。
・1回に9個~10個の卵嚢を産卵。
・1匹のメスは、5000個にのぼる卵を産む場合がある。
・卵は、産みつけられてから、13日~15日で卵から かえる。
・卵からかえったメスは、平均で約4ヶ月で成熟する。
・オスは、平均で約90日で成熟する。

[たらーっ(汗)]すごい数の卵を産むのですね。
卵には殺虫剤が効かないどころか、
幼虫を広げてしまう可能性もあるそうです。
踏みつぶす又は焼却による方法で駆除しましょう・・・と。
ちょっと、いや、かなりの勇気がいりますね 😥

 

スポンサードリンク

関連記事

    None Found

Pocket