「ホ・オポノポノ」が大活躍!!~眼の異常。複視との戦い~

Pocket

2016年3月に脳梗塞(ワレンベレグ症候群)を発症し
1週間ほどは寝たきりでした。
3か月半のリハビリ期間を経て、現在自宅療養5か月目に入りました。
後遺症の中でも眼の見え方の異常は生活にもかなり影響しています。
でも「ホ・オポノポノ」のクリーニングのおかげで
少しずつ改善されてきています

眼の見え方

パソコンや本、スマホ 等の比較的小さい文字を見るとき、

見え方がダブってしまう複視。
顔ごと横になって見てしまう。(そうすると見えやすい)
焦点が合わないため両目で見るのが困難。
片目で見ると見えやすい。

など、正面から両目で見るのが困難な状態です。
ちなみに小さい文字が見ずらいと言えば老眼ですが
症状は老眼とは違います。
なぜならば、老眼は病気以前から体験済みですから、
違いはよーくわかります。

パソコン作業中はいつも片目になってしまい、
このままじゃ、顔が益々シワだらけになると思い、眼帯を購入。

片目作業が疲れないように左右交代で眼帯をしていました。
眼帯をすれば比較的ストレスなく作業できます。

ただ「両目で見える」ようになるためには
「両目で見る訓練」をした方がいいとのこと。

複視や眼の焦点のズレや温痛覚マヒなど
神経が原因のものの場合、神経を治す薬はないので
完治は難しいと言われたのですが
完治はできなくても改善の積み重ねはできる場合もあるようです。
脳梗塞で詰まってしまった部分を補うために新しい回路ができて、
徐々に良くなっていく可能性はあるとのことでした。

実際に、入院中、少しずつでしたが見え方はかなり良くなりました。

スポンサードリンク

私は無自覚だったのですが
倒れて数日は黒目玉がすごい勢いで、小刻みに揺れていたそうです。
だんだん自覚するようになったのですが、
揺れているため、鏡などで自分で見るのは不可能でした。

発症後3か月(6月後半くらいまで)も常に片目をつぶっていました。
テレビを見るのも、ものすごく疲れました。
娘が常の2人いるように見えていたのです(複視のため)

それが、気が付いたらテレビは両目で見ていました。
また、景色や人の顔なども大丈夫になっていました。
娘はちゃんと1人になっていました。

このように視神経の異常でも、確実に治ってきた経過がありますし
できるだけ両目で見るのがリハビリになるなら…
と がんばってきました。

退院から4か月半が経過した現在、
ふらつき等はあるものの、目玉が揺れる事は全くありません。
ふらつきは、眼より脳の問題のようです。

そしてうれしいことに、パソコンを両目で見る時間が格段に増えてきています。
この間まで 眼帯6:両目4  くらいで眼帯が有利でしたが
ここ半月ほどは 眼帯3:両目7 って感じでしょうか。
体調にもよるのでかなりアバウトですが 😉

私はこの変化は先月から行っている
「ホ・オポノポノ」のクリーニングのおかげだと信じています。

スポンサードリンク

私は体力づくり・維持、リハビリを兼ねて毎日30~40分ほど散歩しています。
その時いつもいつも唱えていました。

「私の潜在意識のどの情報が原因で
私の目は焦点が合わなくなってしまったのでしょうか
原因となっている記憶を削除してください。
ごめんなさい、許してください、ありがとうございます、愛しています」

何度も何度も唱えました。

気が付くと、眼帯をする事が少なくなっていました。
100%ではありません…。
とはいえ、片目をつぶってしまってることもあります。
でも明らかに両目での作業が
以前より長い時間できるようになっています。

「ホ・オポノポノ」には入院中にも助けてもらいました。
でも、実は、入院してしばらくは
「ホ・オポノポノ」は全くしていませんでした。

理由はうまく説明できないのですが
色んなところに障害があり、まず、歩けないのです。
歩けるようになる段階は、赤ちゃんと全く同じです。
つかまり立ち、ひとり立ち、1歩2歩、足は、ガニマタ状態です。
4、5歩、歩くとよろけます
まさに、歩き始めの赤ちゃんです。
実際に歩くという指令の脳への伝わり方は
赤ちゃんが歩き始めるメカニズムと同様だそうです。

こんな状態を「ホ・オポノポノ」で
どのようにクリーニングすればよいかわかりませんでしたし
「クリーニングしたからって歩けるものじゃない」
「リハビリを地道にやっていくしかない」
そんなふうに考えていたように思います。

なぜクリーニングをするようになったかと言いますと、

ワレンベルグ症候群の症状の1つに頭痛があります。
私も発症後からリハビリ病院転院後も、
毎日のように鎮痛剤を飲んでいました。

ある日、頭痛くらいならクリーニングできるかなと思い

「私の潜在意識のどの情報が原因で私は頭痛がするのでしょうか
原因となっている記憶を削除して下さい。
ごめんなさい、許してください、ありがとう、愛しています」

心の中で何度も唱えてみました。

1週間ほど経ち「アレ?最近、頭痛薬飲んでない…」
発症後の3月中旬からずっと続いていた頭痛は、6月後半に治まりました。
脳梗塞になる前から頭痛持ちで、頭痛薬を常備してましたが
それ以降、現在も頭痛がすることはありません。

スポンサードリンク

また「ホ・オポノポノ」を信じるか信じないか人それぞれでしょうが
私は間違いなく「ホ・オポノポノ」に助けてもらっています。

ホ・オポノポノの教えは
「今、目の前で起きている現実は100%すべてが
自分の記憶(潜在意識)が現実化したものである」です。

「問題はすべて自分の過去の記憶が起こしている」ということを受け入れ、
すべての責任を負うことから始まり、
自分の記憶に問い合せて、
問題を引き起こしている自分の記憶を
消化(クリーニング)して
記憶を手放すことで現実の問題を解決する方法です。

私も最初は「これでいいのかな?」とか「効果あった!」とか
結果にこだわっていました。

でも「クリーニングの効果は?」とか「なにが変わったの?」などの
結果を求めると、それは 執着 になり
記憶を手放そうとしてクリーニングしているのに
逆につかみ続けている状態になってしまうのです。

ですから、ただ自動的に
「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」と
繰り返し、繰り返し唱えれるだけでいいのです。
そうすると、潜在意識の中のいらないな記憶や
新しい経験もクリーニングされ、
潜在意識が大切なことをどんどん教えてくれ、
たくさんのインスピレーションが届き、幸せになれるのです 😳

詳しくはコチラ 「ホ・オポノポノ」4つの言葉のクリーニングツールと おすすめの本

スポンサードリンク

 

関連記事

Pocket