3月3日。ひな祭りの食べ物の意味

Pocket

3月3日といえば、ひな祭りです 😳
女の子がいるご家庭では一大イベントですね。
娘も大きくなり、おひなさまを飾ることもなくなりましたが
仕事柄、季節の各行事の時は忙しいので活気ある感じです。

 

ひなまつりとは
桃の節句として親しまれている
女の子の健やかな成長を願う行事で
その由来等、調べるとなかなか奥が深いです。

 

そもそも節句とは
「節」は季節の変わり目という意味。
節句は季節の節目に無病息災・豊作・子孫繁栄などを願い、
お供え物をしたり、邪気を祓う行事のことです。

節句についてはこれまた深く、長くなりますのでまたの機会に。

 

今回はひなまつりを彩る食べ物の数々について書いていきます。

 

スポンサードリンク

 

菱餅

古代、中国の上巳節で食べていた母子草(ははこぐさ)のお餅が
日本にやってきて、よもぎを使ったよもぎ餅に変わったと言われています。

江戸時代に菱(ひし)を入れた白い餅、
明治時代にくちなしで作られた赤い餅を合わせて、
3色のお餅になりました。

下から緑・白・桃色の順番で、
「雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている」という
春の情景を表現。
色にもそれぞれ意味があります。

桃色=「魔除け」
解毒作用のある赤いくちなしが原料。

白=「清浄・純潔」
血圧を下げるひしの実

緑=「健康・新緑の生命力」
強い香りで厄除け効果があるよもぎ

 

ひなあられ

昔、女の子たちがひな人形を持って野山や海辺へ出かけ、
おひなさまに春の景色を見せてあげる
「ひなの国見せ」という風習がありました。
このときに春のごちそうと一緒に
ひなあられを持って行ったのが始まりだそうです。

菱餅を砕いて作ったので、
3色になったという説と

桃・白・緑・黄の4色から作られていて、
それぞれが四季を表現しているという説があります。

 

白酒

もともとは、桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、
桃の花を清酒にひたした 「桃花酒(とうかしゅ)」が飲まれていましたが、
江戸時代から蒸したもち米や米麹にみりんや焼酎を混ぜてつくる
「白酒」が定着しました。

甘酒

これには2種あり、
酒粕を使ったアルコールを含むものと、
ご飯に米麹を混ぜて一昼夜ねかせて作る
アルコール度数1%未満のものがあります。
私たちが子供の頃に飲んだのは
アルコール度数1%未満のものです。

 

はまぐりのお吸い物

3月は磯遊びの季節なので、ひな祭りには海の幸を供えました。
特にはまぐりは対になっている貝殻以外は、絶対に合いません、
そこではまぐりは、昔から女性の貞操や、
夫婦仲が良い象徴とされていています。

ひな祭りに、はまぐりのお吸い物を食べるのは、
相性の良い結婚相手と結ばれて、
婦仲良く過ごせるようにとの願いが込められています。

 

ちらし寿司

ちらし寿司そのものにひな祭りのいわれはありませんが、
えび(長生き)れんこん(見通しがきく)
豆(健康でまめに働ける)など
見た目が華やかで縁起の良い意味の食材を、
多く使っているのでひな祭りの定番メニューとなったようです。

またちらし寿司には、たくさんの具を使うので、
一生食べ物に困らないように、
という願いが込められています。

 

当たり前に食べてきたひなまつりの行事食。
はなやかで、おいしくて、見てるだけで楽しくて。

でもそれだけではなく
親が子供の幸せを願う気持ちがたくさんだったのですね 😳

 

スポンサードリンク

関連記事

Pocket