「ホ・オポノポノ」4つの言葉のクリーニングツールと おすすめの本

Pocket

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになる ホ・オポノポノ 

ホ・オポノポノは意味を理解する必要も、仕組みを理解する必要も、
信じる必要もなく、
「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」と唱えればいいのです。
唱えるだけで効果があります。
私はこの言葉を唱え始めて
いろんなところで、すごい効果や、落ち着く感があって
私にとってホ・オポノポノはとてもステキなものです[ぴかぴか(新しい)]

まだまだ表面的な事しか分かりませんが
少しずつ学び、書いていきたいと思います。
専門的な事ではなく、素朴な疑問のような…そんなことです。

 

ホ・オポノポノはハワイ語で

「ホ・オ」・・・・目標・道
ノポノ」・・・完璧 という意味で、
あわせて問題を正しい道へ修正するという意味合いがあるそうです。

またホ・オポノポノの原理は

「自分の身の回りに起こる問題は、100%自分の記憶(潜在意識)の現れである」
「目の前の現実はすべて自分の責任」
「問題はすべて自分の過去の記憶が起こしている」ということを認める事 です。
すべてを受け入れ、すべての責任を負うことから始まり、
自分の記憶に問い合せて、問題を引き起こしている自分の記憶を
消化(クリーニング)させて現実の問題を解決する方法です。

そしてその消化(クリーニング)のやり方は4つの言葉
「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」を唱えるだけです。
4つの言葉を唱え続けることにより
潜在意識の中のいらないな記憶が自動的に消去されるのです。

記憶を手放す(クリーニング)と、当然記憶がなくなります。
そしたらそこには新しいものが入るスペースができます。
そこには新しい経験と同時に内なるひらめき、直感なども入ってくるのです。
ホ・オポノポノをやり続ける意味は、
できたスペースに入ってくる、
新しい経験の記憶のクリーニングを
繰り返し行うことで、潜在意識が大切なことを
どんどん教えてくれるようになり、
もっと多くのひらめき、直感が届くようになるのです。

ではこの4つの言葉
「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」には
どんな意味があり、何に対して言うのでしょうか。

スポンサードリンク

ホ・オポノポノのクリーニングは

なにかのできごとや心配事などが起きたら
「私の潜在意識の中のなんの記憶が原因で、
このことを経験しているのですか?」と問いかけて
「その原因となっている記憶を削除してください」
「ごめんなさい、許して下さい、愛しています、ありがとう」と唱える事です。

 

何に対して「ごめんなさい」「許してください」と言うのか?

これはその記憶を今まで放っておいたことに対して、
自分の潜在意識=自分自身 に対して言うのです。

私たちはこの世で何かをする時に、
すでに過去世では何回も失敗しています。
潜在意識から、同じ過ちを繰り返そうとしているときに
「そんなことをやると(やっていると)また同じ失敗するよ」という
メッセージが必ず出ているのですが
顕在意識で生活してる私たちはなかなかそれに気づきません
そして、失敗してから気づくのです。
ですから、この言葉は人やモノに対してではなく、
本当は問題が起きる前に
自分の中(潜在意識)から
出ていたはずの情報に対して、
また、その記憶を今まで放っておいたことに対して、
「気づかずにごめんね。許してね。いつも教えてくれてありがとう。」と
自分の潜在意識=自分自身 に対して言うのです。

 

何を「愛し」、何に対し「ありがとう」なのか?

「その記憶そのもの=自分の潜在意識=自分自身」を愛し、
その潜在意識の記憶に対して、いつも教えてくれてありがとう なのです。

なにかのできごとや心配事などが起きたら
自分の潜在意識に問いかけて

「ごめんなさい、許して下さい、愛しています、ありがとう」と唱える事で
潜在意識が原因となる記憶を見つけ出し、消去してくれます。
そして好ましくない記憶が消去されると
インスピレーション(直感、ひらめき、瞬間的に浮かぶ思いつきなど)が
届く通路ができ、「本当の自分」を取り戻せるのです[ぴかぴか(新しい)]

私たちは行動のほとんどをクリーニングせずに行っています。
ところがクリーニングをすればするほど、潜在意識が大切なことを
どんどん教えてくれるようになり、
もっと多くのインスピレーションが届くようになるのです。

スポンサードリンク

ホ・オポノポノの教えは

「今、目の前で起きている現実は100%すべてが
自分の記憶(潜在意識)が現実化したものである」と
いうシンプルなものです。
ですから、
クリーニングの結果どうなったのか?
なにが変わったか?
ということは重要ではなく、
大切なのはクリーニングをしたか、しないか、です。

ですからあまり深いことは考えずに
「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」と
唱えてみてください。
意味を理解していなくてもいいです。
声に出しても出さなくてもいいです。
順番も関係ありません。

ただ、「ごめんなさい」「許して下さい」と言うのが
苦しかったりつらく感じる場合があるそうです[たらーっ(汗)]
その時は「ありがとう」「愛しています」だけでもいいそうです[手(チョキ)]

 

ホ・オポノポノ についての書籍一覧 を見てみる。

特にオススメはコチラの本です。

みんなが幸せになるホ・オポノポノ [ イハレアカラ・ヒューレン ]

価格:1,620円
(2017/1/27 16:23時点)
感想(91件)

スポンサードリンク

 

関連記事

    None Found

Pocket