トイレ掃除中の雑念を消して、昔、感じたトイレへの愛おしさをもう一度…。

Pocket

何事にも熱しやすく冷めやすい私ですが
習慣となっているものがあります。

1つは毎日のトイレ掃除。
7年間ほどやっています。
毎日…を目標ですが
月に1~2度は
「今日できなかった~」って日もあります 🙄

脳梗塞で入院中の1つの気がかりはトイレ掃除でした。
毎日、とまではいかなかったようですが
主人がしてくれていたのでひと安心 😳

今は自宅療養中で専業主婦同然です。
トイレ掃除をいろんな時間にやってみました。
お風呂に入る前、
昼食後の居眠り防止に、
気が向いた時・・・など。
結果、「朝からする」が一番、気持ちいいです 🙂

 

スポンサードリンク

 

「毎日のトイレ掃除」のきっかけは
金運がよくなる・・・みたいな本を読んだことです。
確か小林正観さんの本だったと思います。
「素手」でのトイレ掃除が推奨されておりました。
当時、手袋なしのトイレ掃除など考えられませんでしたが
「金運がよくなるなら!」と素手掃除を決意!!

しかし、最初はとってもとってもイヤでした。
掃除が終わった後は5回くらいせっけん手洗いをし
アルコールをブンブン吹っかけていました。

どれくらい過ぎたころからでしょうか・・・
便器の中を素手で洗っていると
「心地よい」的な感覚になってきました。
そして便器を拭きながら
「私たちのう○ちやおし○こを受け止めてくれてありがとね」
という気持ちが芽生えてきました。
あの時は本当に不思議な感覚で、
「きたない」なんて思わないし
むしろ「愛おしい」に近い気持ちだったように記憶してます。

いつのころからなくなったかも覚えていないのですが
その気持ちは今は湧いてきません。
先日「トイレ掃除しながら何を考えてるかな~」と
注意してみるとめっちゃいろんな事を考えていました。
瞑想で勉強した「雑念」です。
次々にいろんな事が浮かんできます。

最悪なことに内容は、あいもかわらずネガ系が多いです・・・。
「こんなはずじゃない!私はこんなこと考えたくないのに」と
思うのですがもうすでに浮かんできてしまっているのです 😥

「あの時、ああすればよかった」
「こうしてれば変わっていたかな」
「今から何ができるだろう」
「あの時めちゃムカついた」
「もう少し若ければ…」
「今ならこうするのに…」

ほぼぼぼ過去の物事への後悔です。

意識している部分では前向きなことを考えているのですが
潜在的には、かなりクラそうです 😥
こういう思考が浮かぶのは
トイレ掃除中に限ったことではありません。
食事の準備中、掃除中など家事の時間は要注意です。

私は、ずっと以前から無意識の部分では、
ネガ系の思考を充満させていたのでしょう・・・。
目的や意味のある考え事以外の「無」にならない時間、
家事の時間、仕事の合間、運転中など。
そしてその思考が今の私を作り上げている・・・ 😥

ただ、違うところは、
今は「無意識の部分ではかなりクラいよ」ということを
自分で知っているということ。
そして「じゃあどうする?」もわかっているということ。

余計なことは考えない。
そのために「お守りの言葉」「天国言葉」を唱えています。
それでも「は?なんでこんなこと考えた?」ということがあれば
「ホ・オポノポノ」でクリーニングしています。

 

スポンサードリンク

 

便器に対し、感じたあの不思議な感覚「愛おしさ」。
できる事なら、もう一度感じたいです。
あの頃、何を考えながらやっていたのか
あまり覚えていませんが
「ありがとうございます」を唱えたりしていた記憶があります。
願望のアフォーメーションもしていたと思いますが
「ただ言えばいい。言ってたら願いが叶う」と
とっても単純に考えていたように思います。
まあ、それはそれで間違いではないのですが
今は潜在意識のことを勉強し、
あの頃よりは知識も増えました。
せっかくなのでこの知識、活かしたいです。

「お守りの言葉」「天国言葉」を唱えていると
過去を悔むようなことを考えるスキがないので
変な思考の渦に入っていくことがありません。
「トイレ掃除終わった!次、何する?」みたいな感じで
不思議なくらい物事がスムーズに動きます。
ネガティブなこと考えてたな~ということがあれば
ぜひぜひ唱えてみてください!

「お守りの言葉」
「天之御中主様(あめのみなかぬしさま)、お助けいただきましてありがとうございます」

「天国言葉」
「愛してます、ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、許します」

「ホ・オポノポノ」のクリーニング
「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

関連記事

Pocket