決まった時間に訪れ、じっと見てくる野良猫。餌やりマナーを守り、慣らし中

Pocket

雪で大変な地域もあるようですが
九州は良いお天気が続くそうです。
昨年、熊本でも大雪が降り通勤が大変でした…。
でも1日だけでしたので幸いでした。
早くお天気が安定するといいですね。

娘は大のネコ好きです。
前世は猫だったんじゃ?と思うくらいです。
(が、人間は人間にしか生まれ変わらないらしいです)

私は動物はあまり好きではではありません(でした)
それが娘に影響され・・・ 😆

近くに野菜の無人販売所があるのですが、
そこにはネコちゃんがたっくさん!
それを知った娘が「ネコ見せてください」的な感じで通い始め、
早5ヶ月ほどでしょうか。

10匹くらいいるらしく、ワンちゃんも2匹います。
脳梗塞になる前、車でよく通っていた道ですが
ぞんなにネコがいるなんて気付きませんでした。
関心がなかったからでしょうね・・・。

10匹のネコは捨て猫や拾ってきた猫だそうです。
ちゃんと避妊・去勢の手術もして、
これ以上、野良猫が増えないようにされてます。

 

スポンサードリンク

 

このおうちの猫ではない猫が3匹、
和が家に、よく来るようになりました。
姿を見せるようになったのは半年ほど前からです。
初めは3匹とも野良猫と思ってたのですが、
2匹はどうもご近所サンの飼い猫のようです。

3匹とも少し離れた所からじっと見てくるんですよ・・・ 🙁
初めのころは近づくと逃げてましたが
娘が話しかけたりするうち・・・
それぞれほぼ決まった時間にやってきます。
来ない日は「どうしたかなあ」と心配したり。

 

3匹中1匹だけですが、今やこんな感じに。

ここまで来るとかわいいという言葉しかありません 😳
お昼寝終わり出て行ったあとは
娘がコロコロで念入りにお掃除をするのですが
最近はその直後の再訪問がよくあるパターンです 😉

 

別の1匹はだめです・・・
ものすごく警戒心が強く、目が合うと、
スゴイ形相で「シャー」と威嚇してきます。
ただこのネコ、10か月ほど前にも庭に来たそうです。
まだ子猫で・・・こんなに可愛いつぶらな瞳だった子猫ちゃんが(左)

今(右)では、こんな怖い目つきに・・・。
飼い猫らしいですが、警戒心ハンパないです 🙁

 

3匹目は白猫です。
ディズニーのマリーちゃんのような猫です。
この子は間違いなく野良猫です。
多分、捨てられたのだと思います 😥
初め見たころは真っ白だったけど今や、薄汚れてます。

このネコも警戒心が強く、ビクビクしてます。
ただ最近はよくテラスにお座りしてます。
だいぶ慣れてきたようです。

 

ちなみに
すっかり慣れたネコちゃんは「さびちゃん」
→ さび柄のため

慣れないネコは「シャー」
→ 「シャー」というから

白猫は「シロちゃん」

と呼んでいます。

 

スポンサードリンク

 

3匹とも、ほぼ毎日やってくるのですが
ずっといることはなく、しばらくするといなくなります。
部屋に上がってくるさびちゃんも、1時間もすると外に出たがり
窓を開けるといつの間にか消えてます。
さびちゃん、シャーちゃんはおうちに帰ってるみたいです。
シロちゃんはこんなに寒いのに一体どこで寝てるのか心配・・・ 😥
エサをやり始めた以上、家ネコにしてもいいのですが、
まだシロちゃんにその気はないようです。
さびちゃん、シャーちゃんは飼い猫ですし
さびちゃんは耳カットもしてあります。
シャーちゃんは耳カットはないのですが、
全く発情する様子がないため多分避妊・去勢手術済みと思います。
シロちゃんは発情期、真っ最中ですので手術はまだです。

娘の目的は単に野良猫にお腹いっぱい食べさせることではなく、
最終的には地域の野良猫に不妊手術を受けさせ(TNRと言うそうです)、
これ以上可哀想な命を増やさないようにすることだそうです。
その為に、警戒心の強い野良猫を少しずつ人(自分)に
慣れさせることから始めているようです。

私はもともと動物が好きではない事もあり
野良猫に、むやみにエサをやるのは否定的な考えですが
我が家の庭に食べに来る分は許容します。
ただ、たとえ我が家であろうとエサをやり始めた以上、責任もついてきます。
ノミダニの駆除、去勢手術、糞尿の始末など・・・。
そのためにもまず慣れさせなければ、です。
娘は、シロちゃんに優しくお話ししながらエサを上げてます。
早く慣れてくれたらいいのですが・・・

熊本にはボランティアで野良猫を対象とした、
避妊・去勢の手術を無料でしてくれる動物病院があります。
他県からも来る人(+ネコ)もいるらしく、わりと有名みたいです。
今月も末ごろにかけて開催されます。
シロちゃんが全くさわれる状態ではないので
保護団体から捕獲器を借りてくる予定です。
ただ、これが引き金になり、
更なる人間不信にならなければいいのですが・・・

今までは、動物に関心がなく、何も知りませんでしたが
人間の身勝手さで可哀想な状態になってしまう動物が
あまりにも多いようです。

私は脳梗塞になり「命」というものを、
改めて感じる事があります。
歌手の西城秀樹さんは、2度の脳梗塞から再起されて
活動を再開されていますが
TVを見て、後遺症は結構、重そうだな感じました。
言葉障害があり、手足のマヒがありながらも
一生懸命歌われてる姿には感動し、勇気をもらいました。

西城秀樹さんは公園の鳩に「元気で生きてるかい?」と思ったり
「がんばって生きてるんだなあ」と虫も殺せなくなったそうです。
私は・・・虫は殺してしまうことがありますが 😥
鳩の命も、ネコの命も、そして虫の命も人間の命と同じように
大切な大切な命ですよね・・・。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

Pocket