ホメオスタシス対策をして潜在意識ダイエットを成功しよう!

Pocket

今回は、潜在意識ダイエットを成功させるための最終章です。

通常、爬虫類脳より力の弱い動物脳が
爬虫類脳に匹敵する権限を持つ、ある状態とはどのような時か、
またどのようにして爬虫類脳をコントロールするのか、
つまり「ホメオスタシス 対策」について書いていきます。

前回記事でも触れましたが
人間の脳は三層構造で成り立っています。

第1層 爬虫類脳(本能)「生きるための脳」
第2層 動物の脳(感情)「感じるための脳」
第3層 人間の脳(理性)「思考する脳」

これらの脳の権限の強さは 爬虫類脳 > 動物脳 > 人間脳 です。

爬虫類脳は脳の中で非常に強い権限を持っています。
人間脳で爬虫類脳をコントロールしようとしても難しいのです。

前回記事 【潜在意識ダイエット】ホメオスタシスと3つの脳の役割

でも、通常は爬虫類脳より力の弱い動物脳
ある状態になった時に爬虫類脳に匹敵する権限を持つのです。
動物脳が爬虫類脳に匹敵する権限を持つのは
「快の感情を意識的に出している時」です。

ではどのようにしたら、
「快」の感情を意識的に出せるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

快の感情を出すためには?

ダイエットに成功した理想の自分を
繰り返し、繰り返しイメージすることです。
そしてこのイメージが理想に近づけば近づくほど
ダイエットをしていく上でモチベーションの向上につながります。

イメージする方法は

  • ダイエット成功後のメリットを意識すること。
  • アファメーションを行う。
  • 痩せていたころの自分の写真を、鏡などに貼っておく。

など、考えられるあらゆる方法を駆使してイメージするのが効果的です。

繰り返し、繰り返しイメージし続けることで、
やがてそれは「ダイエットに成功した」という確信になります。

 

確信になると・・・

「すでに私はダイエットに成功した」という行動になります。
「健康的に痩せているのが私の普通の状態」になります。

「ダイエットに成功した自分」を考えているだけでワクワクしてきます。
この「ワクワク感」こそが最大のポイントなのです。
逆にワクワクできない限り、潜在意識ダイエットは成功しません。
なぜかというと、
この「ワクワク感」が、動物脳が力を発揮する、「快」の感情だからです。

繰り返し繰り返しイメージするとそれはやがて確信になり、
「ダイエットに成功した」という行動になります。
「ダイエットに成功した」自分を考えるだけでワクワクしてきます。
そして「ワクワク感」によってもたらされた「快」の感情が
動物脳の力を発揮する事になり
爬虫類脳をコントロールできるのです。

ただ、現実では、この時点ではダイエットには成功していません。
実際に成功するまであと1歩です!

 

新しい習慣の誕生

動物脳が力を発揮し、爬虫類脳をコントロールすると
新しい習慣=痩せるための習慣 が生まれます。

痩せるための習慣が生まれると
体は勝手にダイエットに成功した理想の自分に向けて動き出し
さらに、痩せている状態を維持しようとするのです。

つまり
食事制限は「制限」ではなく、
理想の体重を維持する分しか食べなくなります。

運動はきついものだという認識はなくなり、
痩せた体重を維持するために適度に行うようになります。

こうして潜在意識ダイエットは成功するのです 😛

 

スポンサードリンク

 

重要な注意点

「本当に痩せられるのかな」などの懐疑心や不安を持たない事です。
そんな不安を持っていては「快の感情」は得られないからです。
また、「ダイエットをしなくちゃ・・・」という
否定的な思考で行動をしても「快の感情」は得られません。

このように潜在意識ダイエットを成功させるためには
動物脳を利用し、爬虫類脳をコントロールして
「脳を味方にする」ことで叶いやすくなります。

ここまで理解するとダイエットが成功できそうな気がしてきました 😉

更に「今までの習慣」=「太っている私」
ホ・オポノポノでクリーニング し
「太っていない」という思考にすると
ホメオスタシス にも効果的と思いますので
同時に行なっていこうと思います。

潜在意識を活用する際のポイント = 脳のだまし、味方にする。

ポイント① 願望が叶った自分を繰り返し繰り返しイメージすること。
ポイント② 願望が叶った状態を考えてワクワクすること。
ポイント③ 懐疑心や不安感は持たず、否定的な思考で行動しないこと。

これらのことは潜在意識ダイエットに限らず、
引き寄せなどについても同じですね。
そして、斎藤一人さんが言われていることと同じことばかりです。

脳の仕組みを理解することで
潜在意識を換えることがより具体的になった感じがします。

今日も読んで頂きましてありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

    None Found

Pocket