えごま油で高血圧改善してむくみを解消しエコノミー症候群を予防しよう

Pocket

脳梗塞発症から10か月が経ちました。
先日、温痛覚麻痺の左足のむくみがひどく、
ふくらはぎの太さが、見た目でも
はっきり分かる程の左右差があるという記事を書きました。

その3日後が診察の日でしたので
先生に相談しました。
通常、脳梗塞後のむくみは、運動麻痺によりした側に出ると
いうことですが、私は運動麻痺した方の足ではありません。

 

運動麻痺側に、むくみが起きやすくなる原因

本来は、足に溜まった血液を重力に逆らいながら
心臓へ送り返す(筋ポンプ作用)事で血液が心臓側へ送られます。
脳梗塞で麻痺した足はふくらはぎの筋肉に力が入らないため
血液は重力に負けて心臓まで戻れず、
下肢の静脈内に溜まりやすくなってしまいむくみが起きる。

先生も「普通は運動麻痺側だけどね~」と言われましたが
特に言及されませんでした 🙁
その時点でも、むくみがあったので
血液検査を行った結果、血栓はできておらずひと安心 😳
むくみ予防のソックス着用や、適度な体操を行い
自己予防をするように、とのことでした。

スポンサードリンク

血栓ができてしまうとコワイのはエコノミークラス症候群です。
前回記事 エコノミー症候群症状と予防!脳梗塞後遺症のむくみ対策にダイエット

血栓ができやすい人

  • 肥満である
  • 静脈瘤を起こしたことがある、起こしている
  • 生活習慣病を持っている(糖尿病・高脂血症・高血圧・高コレステロールなど)
  • 喫煙者である
  • 中高年の人(加齢で血管内壁が傷ついているため)
  • 足を組む癖がある

この中で、特に注意が必要なのが生活習慣病を患っている人です。
なぜかというと
生活習慣病は高脂血症・高血圧・高コレステロールなど
血液が関係しており、「血液がドロドロ」の状態になっているため
血液が固まりやすく、血栓ができやすい。

通常の生活においても血栓ができやすいので
脳梗塞の後遺症のむくみがあったり
動きが固定されている環境で、長時間体勢を変えずに
座っている人は、より危険な状況にあるからです。
そもそも脳梗塞そのものが、血栓ができやすい人がなる病気です。

私は、高血圧・高コレステロール、中性脂肪高め、プチ肥満と
血栓ができやすい人に、かなり近い状態です。

着圧ソックス着用や長時間座ったままにいしない などの
対策を行いつつ、根本的な改善もしていきたいと思い、
えごま油びわ茶を飲み始めました。

スポンサードリンク

えごま油は1年前くらいにブームになりましたので
ご存知の方も多いと思います。

えごま油に含まれている
αリノレン酸はオメガ3に分類される脂肪酸で必須脂肪酸の1つです。
えごま油には体内でDHAやEPAに変わる
αリノレン酸が豊富に含まれています。
そしてαリノレン酸は体内で作れないので
外から取り入れる必要があります。

αリノレン酸の効能

美肌効果
コレステロールの低減
高血圧の予防
糖尿病の予防
動脈硬化の予防
不整脈の予防
脳卒中の予防
癌の予防
血流改善・血栓予防
アレルギー抑制
老化を予防
うつ症状を軽減する
認知症予防効果(脳細胞の活性化)

などの働きがあり、まさにスーパーオイルなのです。
一時期は品薄状態になるほどでした。
私は、脳梗塞になる前、2週間ほどでしたが、えごま油を飲んでいました。
その頃に書いた記事がコチラ えごま油 飲み方と感想

当時、通販で買えたエゴマ油が4本セットだったのです。

オメガ3系脂肪酸のα-リノレン酸を約60%含んだえごま油
朝日えごま油 170g 4本セット

以前の記事にも書いてあるように「油を飲む」ということは、
イメージしていたよりは大丈夫だったのですが
やはり大好きなカルピスを飲む感じとは違います・・・ 😐
4本セットを購入しましたので
まだ3本残っていたのですが、退院後も
見て見ぬふりの放置状態でした。

今回、むくみがひどくなったのをきっかけに飲用再開です!!
再開してまだ1週間ほどですので
わかりませんが、
とりあえずは残りの3本、飲んでしまいます。

ちなみに私は飲んでいますが、
味噌汁に入れたり、サラダにかけたりと
摂取方法はいろいろあります。
コチラに書いてます。えごま油 飲み方と感想

ところでびわ茶もなかなか体によいらしいです。
さっそく「ねじめびわ茶」を注文しました!
届きましたら記事書きますので、またぜひ読んでください 😳

スポンサードリンク

関連記事

Pocket