【潜在意識ダイエット】体験開始。方法や効果をまとめました

Pocket

潜在意識ダイエット」ってご存知ですか?

ホ・オポノポノでダイエット関連のことを
クリーニングしたことがあるのですがコレばかりは成果がでず・・・。
ふと潜在意識の理屈を考えればダイエットも可能なのでは…と思い
調べてみますと思った通りのことがたくさん書いてありました。

早速「潜在意識ダイエット」実行することにしました!!

 

まず潜在意識についてですが
人間の脳には、潜在意識と 顕在意識があります。

潜在意識 の領域が90%
自覚できない意識(無意識)
普段は使われることはありません

顕在意識 の領域が10%
自覚できる意識(コントロールできる)
普段使われる

私たちの性格や体質などの多くは
潜在意識によってつくられています。
潜在意識は過去の考えや行動、目で見たもの、周りの人
過去のできごとなどインプットされた事を忠実に実行します。
ですから、脳を味方につけ、潜在意識を上手に使うと、
願いごとが叶ったり、なりたい自分に近づいたりすることが
簡単にできてしまうそうです。

私はまだまだ勉強中ですが
潜在意識を使った引き寄せ「潜在意識に刷り込む」などを
斎藤一人さんのお話を聞いたり
ホ・オポノポノのクリーニングなどで行っています。

今回はその潜在意識をうまく利用して痩せようという
「潜在意識ダイエット」に挑戦するよ!!ってお話しです。
潜在意識についてまだまだ初心者の勉強中の身。
「潜在意識ダイエット」についていろいろと調べた事を
再確認しながら、ダイエットに取り組んでいこうと思います。

その方法は・・・

スポンサードリンク

大切なのは潜在意識に
「理想の自分をしっかりとインプットすること」
『潜在意識の書き換え』です。

「私は体重が55キロだ」
「私は健康的に痩せている。これが普通の状態だ」
「私は食べても太らない」
などなど・・・を脳に言い聞かせます。

 

私は体重が55キロだ
「今の体型は本当の自分じゃない」という状態にする。
「目標は55キロです」なんて言い方はだめです。
気持ちとしては「体重55キロになりたい」と言いたくなりますが、
「目標は55キロです」「55キロになりたい」という言い方は
「目標は55キロ」「55キロになりたい」と思っている自分を引き寄せて、
いつまでたっても、55キロになった自分になることはできません。

私は健康的に痩せている
「健康的に痩せているのが私の普通の状態」と
イメージし続ける事で潜在意識に刷り込ませると
痩せている状態を維持しようと動きだすのです
なので私は「私は体重が55キロで、とても健康だ」と
何度も何度も唱えています。

ダイエットができない人というのは、
「ぜったい痩せる!」とダイエットの決意をしても、
ついついチョコレートを食べてしまったり、
誘われたケーキバイキングにいってしまったり・・・(なんて毎度の私です)

「痩せたい」と思っているのは
表面上の顕在意識だけで、心の奥底の潜在意識では
「今のままでもいいか、色々食べたいし」とか
「焦ってジョギングなんて頑張らなくてもいいかな」
「辛いことしても効果がでるとは限らない」 などと思っているそうです。
・・・(確かにそうです)

さらに、脳の妨害が絡んでくるのです
斎藤一人さんも言われてることですが
「脳はものすごく怠け者」
「なるべくなら何もしたくない」
「現状を維持させたい」のが脳の特徴です

また「ダイエットをやらなくちゃ・・・」
という否定的な状態で行動をしても長続きはしません。
潜在意識(脳)が行動を止めさせてしまいます。
「ダイエットをやらなくちゃ・・・」
という、いわゆる、苦行のままでは、
怠け者で現状を維持させたい脳は
どうしたらその苦行から逃れられるかを探します。
わかりやすい方法として
疲労感や痛みを出しダイエットをやめさせようとするのです。

脳は現状維持のため、あらゆる手段を使って
当人の意志を妨害してきます。
いろんなダイエット方法の失敗理由は
「脳を敵に回していたため」といっても過言ではないです

スポンサードリンク

ということは、脳を味方にしちゃえばいいのですよね 😉

脳を味方にする方法が
「私は体重が55キロだ」
「私は健康的に痩せている。これが普通の状態だ」
このようなことを脳に言い聞かせることです。
言葉は自分にしっくりくるものを考えたらいいと思います

潜在意識を書き換えてしまおうということなのですが
潜在意識は深いところにある意識ですから、
潜在意識を書き換える、刷り込む、というのは
そうそう簡単なことではありません。

潜在意識を書き換えの方法やコツとしては

  • 成功後のメリットを意識する。
  • ダイエットをしないといけない理由を探すのではなく、
    ダイエットをすると「こんなにもいいことがある」と脳に教える。
  • 痩せたあとの自分を具体的に細かくイメージする。
  • 「私は痩せている」という事を意識する。
  • 痩せていたころの自分の写真を、鏡などに貼っておく。
  • アファメーションでなりたい自分になる。
    それを朝・昼・晩など時間を決めておこない、習慣化する。

※アファメーションとは
自分が望む事柄をまるですでに現実になっているかのように
一つの文で表現し表現されているイメージを
潜在意識に植え付けることです。

 

潜在意識が少しずつ書き換えられると、
勝手に痩せている状態を維持しようと動きだします。
苦しい食事制限をしたり、頑張って運動したりしなくても、
痩せることができるということです

長々と書きましたが・・・。
この成果をアップできる日がくるはずですのでお楽しみに 😳

スポンサードリンク

関連記事

Pocket